第279回安全大会
@信友会会長挨拶
熱中症に気をつけて作業してください。「図面をみながら歩く」など、ながら工事をしない。ひとりひとり、安全意識を持って作業するようお願いします。

A東京三信電機社長挨拶
今年は、工事全体からみて、例年に比べて、非常に事故が多いようです。
健康を害すると、即事故につながります。頭が冴えていれば、事故はあまり起こらないように思います。事故になるかどうか?は紙一重だと思います。十分気をつけて作業してください。

B東京三信電機常務挨拶
施設事故でもっとも多いのは、短絡、地絡、誤結線です。施設事故防止5原則を守れば、80〜90%ほとんど事故は防げるので、これを守って作業するようお願いします。

C優良世話役表彰
平成20年度信友会安全表彰を行った。表彰者は6名で、副賞としてエンブレム付腰袋など贈呈した。

D安全パトロールの結果について
3つの現場について、安全パトロールを行ってきました。改善してほしい点など、要望してきました。
・場内暗い所があるので、仮設照明の整備をしてほしい。
・熱中症対策を整える(塩タブなど)
・休憩所の換気が悪いので、改善してほしい。
など

E安全管理部長より
熱中症対策フローの説明を行う。
熱中症になりやすい人
人的条件・・・睡眠不足、風邪気味、二日酔いなど
環境条件・・・高温多湿の炎天下、気温28度以上かつ湿度75%以上など
※補足として真面目な人、我慢強い人が、無理をして熱中症にかかりやすい傾向がある。健康度チェックが自分でできる用紙を添付してますので、各自、自分の健康度をチェックしてみてください。

F危険予知訓練
天井内配線・器具付け作業における危険予知訓練をイラストを使って行った。
どんな危険が潜んでいるか?討論し、いろんな角度から考えることが重要。
三信ボイス
全国安全週間が例年通り7月1日から7月7日まで実施された翌日の7月8日に当会の安全大会が開催された。今回の安全大会では、当会に所属している協力会社の作業員さんの中から安全表彰(優良世話役)として、6名を表彰した。表彰者には賞状及び副賞として、クオカードとオリジナルエンブレムを配置した腰袋を贈呈しました。表彰者は下記の通り(順不同敬称略)
徳武勇二(ユーセイ電設)、青島寿一(成和電設)、三塚聡(奥利根電業)、下地慶徳(幸友電設)、畠山利巳(田村電気)、廣田昭通(斎藤電設工業)。
安全表彰は、今後は6月又は7月の安全大会に行っていきたいと思います。会員の作業員さん全員が受賞されれば無事故・無災害が必ず達成できます。これから暑い季節を迎えて熱中症・感電災害が発生しやすい時期なので、体調管理に心掛けてください。

ご安全に・・・