第319回安全大会

【信友会 須藤会長 挨拶 】
皆様、新年明けましておめでとうございます。
私の1番好きな季節が、やってきました。
この気温の低い環境の中で仕事をする際には、始業前に十分準備運動や、ストレッチを行うことが大事です。
体が硬直したままで作業をすると、大怪我につながります。
今年も安全に怪我なく1年を過ごせるよう、皆さん宜しくお願いします。

 
【東京三信電機 竹内社長 挨拶 】
新年あけましておめでとうございます。
昨年を振り返ってみますと、第2次安倍内閣が発足し『アベノミクス』3本の矢を柱とする政策を発表し、その効果は今年に入って日経平均株価を1万6,000円まで押し上げました。昨年9月には、2020年オリンピック、パラリンピックの開催地が東京に決定し、日本中の人が喜びに沸き、20年までの経済波及効果 が3兆円、15万人の雇用を生み出すと試算しています。
今後、建設業の景気も徐々に好転に向かって行くと思います。

信友会、協力会社、東京三信電機にとって一番の喜びと、皆様への感謝は、無事故・無災害で工事を乗り切れたことです。本当にご苦労様でした。本年も、昨年同様、安全意識の高揚に心掛け無事故、無災害の継続をお願い致します。
さて今年の工事量は、矢を放ったアベノミクス効果、東京オリンピック・パラリンピック開催決定などもあり、追い風が吹くと思います。
『馬のように勢いよく突き進む力』で、今年1年皆様と一緒に頑張って参ります。
最後になりますが、1月は1年で一番寒い時期です。風邪など、体調を崩す時期なので、日頃の体調管理、健康管理に十分注意するようお願いします。

 
【東京三信電機 大石会長 挨拶 】
新年明けましておめでとうございます。
昭和61年からスタートした安全大会ですが、今回で319回を迎えることが出来て、皆様のご協力に大変感謝しております。
今年は景気が上昇傾向にある中で、原点に帰り、何を考え行動して行くかを、皆さんと話し合って実行したい。
今年の目標は、「勇気・決断・実行」です。
これをアドベンチャー精神をもって、皆さんと一緒に取り組んでいきます。
健康に留意して、今年もよろしくお願いします。
 

【東京三信電機 社員代表 挨拶 (鈴木次長)】
昨年は、安全面において無事故・無災害で過ごすことが出来ました。
私は、現場で常日頃から言っていることがあります。
それは、現場において皆さんがやらなくては成らないことが三つあります。
@無事故
A無災害
B工期を守る
この三つを無くして、品質を高めることも利益を生み出すことも出来ません。
やって当たり前のことを積み重ねた結果が信頼です。
一つの事故・災害発生で、これまで積み上げてきた信頼は一瞬にして失ってしまいます。
そのことを肝に銘じて作業を行っていただきたいと思います。
皆さんが事故を起こして怪我をした際、一番辛い思いをするのは当事者ですが、周囲の方や、大切な家族も巻き込んで迷惑を掛けることになります。
安全作業をするというのは仕事上の責任ですが、それに加えて家族への責任でもあります。
今年も皆で力を合わせて頑張りましょう。

 
【各協力会社代表 挨拶 】
明けましておめでとうございます。
今年も無事故・無災害を継続すべく、皆さんで協力すべく努めていきましょう。
本年もよろしくお願いします。